筆保銀香です

三題噺置き場。縦書きの。段落のところの1マス空きが変なのはご容赦ください。

三題噺:床下の女

その日の「みやこや」は慌ただしかった。部屋で指名した花魁を待っていたが、来る気配が全くない。今日みたいな日は花魁としっとり遊びたいと思っていたが、それも難しそうだと、嶋之助は酒を呑みながら考えていた。
 半刻ほど待った頃か、店の者が戸を開け、頭を下げた。
「嶋之助さま。お待たせして申し訳ありません。あいにく、今晩の、その、『華の』のことですが、嶋之助さまのところに行けぬ事情ができまして」
「ああ、かまわない」
 嶋之助はあっさりと言ってのける。この半刻の間で花魁と遊ぶという気が削がれてしまい、むしろこの後に花魁と遊べないとなると誰と何をするかということの方に関心が向いていた。
「とはいえ、ここでしばらく酒を呑んでしまって、このまま帰るのも癪だから、誰かと遊びたいのだが、誰かいないのか」
 店の者は右と左の親指をすり合わせながら「そのぉ」と口ごもる。
「あいにく、新造らも出払っていまして……。このようなことになることはめったにないのですが……」
「ではなにか。このまま私に一人寂しく帰れというのか」
 嶋之助は大きくため息を吐いた。
「いえいえ、とんでもない! しかし、こちらとしては大変恐縮ですが……一人だけ、呼ぶことができます」
「ほう、どんな娘だ」
「それが……『床下』とこの店で読んでいる身分のものでして……。普段は鳥屋の世話人をしている娘です。借金の方に連れてこられた娘でしたが、これがまたたいへんな醜女で。子供のうちならまだ化けることもあるかと禿にもせずに鳥屋の世話をさせて様子を見ていたのですが、年頃になっても醜女の顔のままなので、こちらとしてもどう扱っていいもんか分からんのです」
「そんな娘を客に薦めるのか」
 その声音は不満よりも意地悪気であった。嶋之助はその女がどのような醜女であろうか、「みやこや」で誰も見ることがない「床下」と言われる女が何を考えているのか。その女に一眼会って、友人たちへの話の種にしたい気持ちがあった。
 そのように嶋之助が考えているとも知らぬ店の者は「へえ!」と頭を下げる。
「もちろん、嶋之助さまから今回のことでお代をいただこうなどとは思っていません。本来女郎でもない娘で、しかも醜女の下女のような、岡場所がふさわしいような女を呼ぶということはあってはならないことです。しかし、このまま嶋之助さまを帰すこともまた悪し。どうか、お許しください。嶋之助さまがどのように扱っても構いませんので……」

「失礼します」
 店の者が出て行ってしばらく。嶋之助がこれまで聞いたことがないような女の声が廊下から聞こえた。半ばうつらうつらしていた嶋之助だったが、女の姿を見てぎよっと驚いた。
 女は着慣れないであろう赤の着物を着ている。身体つきだけであれば立派な女郎であろう。しかし、首から上は怪異のようなものだった。結われてもいない長い髪は帯のあたりまでだらりと垂れ流され、顔を隠してしまっている。お岩も驚きの格好だ。
 女は嶋之助の前に座り、頭を下げる。
「『かみの』と申します」
 声だけは今まで聞いたことがない美しい声だった。声だけではない。彼女を隠す黒髪は艶やかであり、身体の足の先まで振る舞いは美しい。
「本日は私のような女が嶋之助さまの前に出るなど……。本当に申し訳ありません」
「いや、いい。それより、店の者がおまえを醜女だと言っていたが本当か」
「はい。とても嶋之助様にはお店できるものではないかと……」
「それでも私が見たいと言うなら」
「とんでもありません……。お許しください」
 畳にぽたりと涙のような水が髪を伝って落ちる。幽霊のような女なのに、どうして美しいと感じるのだろうか。嶋之助には不思議だった。
「冗談だ。私はこのまま一人で酒を呑んで帰るのが嫌だっただけなんだ。おまえ、芸はできるか」
「はい。琴と三味線を……」
「ならば三味線を」
 かみのは三味線を持ってきて、嶋之助の前で弾く。
 べん。
 その音を始めとして、次々と流れる三味線の音と、かみのの声はこれまた美しいものであった。
 べん。
 べん、べん、べん。
 その音のひとつひとつが嶋之助の鼓動と共鳴しているような不思議な感覚であった。嶋之助はたまらず、三味線を持つかみのの手首を掴む。べん、とそれまで美しく歌っていた三味線が下手な音を鳴らす。
 嶋之助はかみのを見つめた。髪の奥が見たい。しかし、それで自分がかみのに興味を失くしてしまうのではないか。いや、今のこの気持ちを失ってしまうのではないか。そんな気がして動けなかった。
「嶋之助さま……」
 かみのが名を呼ぶが、それに嶋之助は答えることができず、長く、何も声にならず、息を吐く。俯くとかみのの手首が見えた。白く、美しい手であった。嶋之助の手に比べて、頼りなく、折れてしまいそうな手。その儚さにたまらず、嶋之助は口付けをする。
 この時の嶋之助の気持ちは幾許であっただろうか。
 嶋之助の頭の中は目の前にいるかみのをどうやって手に入れるか、それだけであった。

 

妖怪三題噺「黒髪、床下、リスト」
https://twitter.com/3dai_yokai

三題噺:あなただけ

泳いでいる魚。牧場にいる豚。小屋の中にいる鳥。
 私たちが「食べ物」として扱っている「生き物」たちを眺めていても、私はそれを「食べてみたい」なんて思ったことがない。
 クラスメイトの池本君。背は男子の平均くらい、中肉中背。
 どこにでもいそうな人なのに、私はなんでか彼を。
 食べたくなる。
      *
「池本君」
 掃除時間に下駄箱に向かう俺を呼び止めたのは同じクラスの花村だった。あんまり話したことはないけど、結構印象的な女子。
 友達に言っても同意を得られないことだけど、俺は花村の目が怖い。なんだかギラギラしているような、なにかを企んでいるような。そんな気持ちになって胸がざわつく。
「なに、花村」
 俺は自分のざわつきをどうにか顔に出さないように意識しながら、なんでもないように花村に向きなおる。花村は少し上目遣い気味に俺を見る。
 ぎろり、と。
「変なこと言うけど」
「うん」
「池本君って、美味しそう」
「は?」
 俺は花村を眺めたまま何も言えなかった。花村も何も言わない。ただじっと俺を見る。
 やめろよ、その目。そんな目で見るなよ。今言ったことが冗談だとするなら、笑ってくれよ。
 なに考えてんだよ。
「ごめん、変なこと言って」
 先に沈黙を破ったのは花村。俺はそれに「ほんとだよ」と言って、花村に背を向ける。あくまで逃げるんじゃなくて、担当の掃除場所に行くため。そう見えるように。
「それにさ、俺なんかじゃなくて、もっと美味しそうなやつがいるだろ。長谷川とかさ」
 俺はクラスでも巨漢で通ってる男の名前をあげる。肉肉しい肉って感じの男だ。さぞ、食いごたえがあるだろう。
「ごめん」
 花村が言う。その後にずびっという音がして、小さな嗚咽のようなものまで聞こえてきた。
「おい!」
 振り返った俺が見たものは想像とほぼ変わらない花村の姿だった。
 花村は泣いていた。まるで失恋した女の子のように。
「おまえ、なんで泣いてんだよ」
「ごめん」
 花村は自分が泣いていることを否定するかのように首を振る。
「ごめん。本当に変なこと言って」
「あ、いや、そうだけどさ……」
 目の前で泣いている同級生を泣かせてしまったのが自分であるという罪悪感。そいつが俺の口を借りて言う。
「いつかまた聞いてやるから」
 花村は泣いたまま頷く。
 絶対に忘れられない思い出になってしまった。
      *
「そんなことあったねえ」
 扉の前で緊張を紛らわせるように、二人で話していた。お色直しが終わって、純白から赤のドレスを着た花村、いや、清美を見ると心臓がばくばくする。
 このまま見ていると早死にしてしまいそうで、直視できない。それでも見たい。そんな気持ちがせめぎあっていた。
 俺はそれをごまかすために、思い出話を清美としていた。
「あれが初会話だったもんね」
「ほんとな。あれが初会話だったなんて、なれそめで絶対言えないわ」
「でも、そんな初会話をした相手と、今こうして結婚式をしてるんですけど?」
「昔の俺が知ったらなんて言うか」
      *
 あの会話から、俺は清美とたまに話すようになった。最初はあくまでも「お友達」として。その間、清美は変なことを言わなかった。
 再び清美が言うようになったのは、大人になってから。十年ほど経ってから。住んでいる場所が離れてしまって、電話という文明機器によってギリギリ繋がっているような状態だった。
『池本、お願い』
 ある日、電話口で花村が言う。あの日のような泣き声で。
『わかってる。私がおかしいって。でも、池本のことそういう風に感じてしまうの。友達なのに、食べたいっておかしいよね。せっかく友達になったのに、こんなのが、こんなこと思っている人が友達だって思えないよね……』
 後から知った話。高校の同級生にその話をして否定の言葉を言われまくった清美は俺から離れる覚悟で電話をしてきたらしい。どうしてそう思ったのかわからない当時の俺だったが、清美が離れて行ってしまう気がした俺は必死に彼女を繫ぎ止める言葉を探す。
「特別な関係になろう」
 清美の泣いている声が止まる。
「俺と特別な関係になろう。いや、なってください」
「……」
「そしたら、食べられようがなんだろうが、好きにしていいっていうか……」
 違う、違うだろ!
「俺は花村が好きだ」
 かすかに電話口から戸惑う声が聞こえる。
「全部、おまえにやるから。俺と結婚して」
      *
 全員が俺らに注目する中、俺と清美は唇を重ねる。
 なんどもふれてきた唇だけど、重ねるたびに清美を抱きしめてしまいそうな気持ちになる。
 小さな痛みが唇に走って、俺は少し驚いて顔を離す。
「いただきます」
 周りの歓声の中に隠すように清美が言う。そして、にやりとした口元と、ぎらついた目。
 俺の全部は、彼女のもの。

妖怪三題噺「友達、肉、式場」
https://twitter.com/3dai_yokai

てっちゃん

このおでこにキスをしたい。夏美は今年小学生になったばかりの従兄弟の鉄次に対して、そんな気持ちを抱いた。

続きを読む

ミミズ苦

 森の中を駆ける一人の男。男は必死に息を切らしながら出鱈目に走る。息を吐いて吸っての繰り返しの合間に「くそ! ちくしょう!」と毒づく。男は苦しんでいた。彼の頭の中はわけのわからないものが這いずり回っていた。しかし、それは彼にしかわからない。

続きを読む

電気椅子探偵

件名:stoooooove! 
 きみは知っている。いや、知っているはずだ。なのに、なぜか気づいていない。
 冬だけじゃないんだよ。春夏秋冬いつだって、きみは燃やしやすいものなんだ。
 なのに、きみときたら。燃えやすいものと燃やしやすいものを一緒にしている。

ストーブ!
これは警告である。この言葉を無視しようがどうしようが、なにも変わらない。
ただあらがうのか、ただ死ぬのか。燃えていく火の中、ストーブの中で考えろ。

続きを読む

私はどこで朝食を

A.M.5:30。冬の、まだ朝陽も昇っていない時間に、私は紙袋を片手に商店街を歩く。商店街だけでなく、まだ街も目を覚ましていない。そんな時間に私はただ独り歩く。
 まるで映画の一シーンみたいだ。

続きを読む

不器用な子

美術の時間、横の席を見ると、クラスメイトの木下が血を流していた。指先に開いた小さな傷から流れていく血を、私と木下はただ呆然と眺めていた。その血は指の裏側に回り込んで、机の上にあった白い画用紙の上におちた。

続きを読む